『お問い合せは✉ m.nagase@pvmainte-under50.com ✆ 090-4792-3092 で承ります』 評価技術の紹介|PVメンテ アンダー50

PVメンテ アンダー50

評価技術

  1. ホーム
  2. 評価技術

確かな発電所である事が大事です。評価技術について紹介します。


『PVメンテ アンダー50』代表の永瀬政和です。太陽光発電においては、既に中古市場で発電所が売買されています。社会インフラの位置づけにもある高額な太陽光発電所の売買等においては、法やガイドラインをクリアーした確かな発電所であるかを評価されていることが大変重要です。そうした適正さを太陽光発電事業の評価ガイドによる適合判定で、皆様の太陽光発電所のリスクの見える化へも含めての事業評価を行っております。

1. 評価ガイドを取り巻く環境
 
 ① 長期安定的な事業運営の確保を進めようとする国の懸念があります。
 
 ② 次世代ネットワーク小委員会において安定的な事業運営等の議論・意見が出されています。
 
 ③ 「評価ガイド」の活用による再投資で中古(セカンダリー)市場の活性化の促進が今後行われます。
 

2. 評価ガイドの考え⽅
 
 ① 太陽光発電事業は認定計画・法令等を遵守しなければなりません。
 
 ② 太陽光発電事業は[構成要素×プロセス]の適正さにあります。
 
 ③ 適正さの欠如による事業リスクが生じてきます。
 
 ④ 一様ではない事業リスク・・・事業リスクの性質と主観性があります。
 
 ⑤ 太陽光発電事業の適正化への取組が行われています。
 
 ⑥ 評価項目を用途によって選択しています。
 

3. 太陽光発電事業の評価ガイドの概要
 
 ① 評価ガイドは一次評価と二次評価で構成しています。
 
 ② 評価ガイドの多岐にわたる各分野に構成されています。
 
 ③ 評価項目の概要・・・権原・法令等手続が適正であること。
 
 ④ 評価項目の概要・・・土木・構造設備が適正であること。
 
 ⑤ 評価項目の概要・・・発電設備が適正であること。
 
 ⑥ 評価項目を評価報告書(レポート)として書式をもって提出いたします。
 

4. 評価を適正に行なうためのシステム
 
 ① 信頼できる評価であるために太陽光発電事業の適正さを厳格に追究しています。
 
 ② コスト合理性と適格性を備えた評価技術者を目標としています。
 
 ③ 一次評価をオールラウンドに担える技術者として育成されています。
 
 ④ 一次評価を行う技術者として多岐にわたるカリキュラムを研修研鑚しています。
 
 ⑤ 認定後も日常的に引き続き日々研修研鑚を行っています。